〒116-0001 東京都荒川区町屋4丁目31番1号

営業時間:9時~18時
休業日:土・日・祭日

※あらかじめ、ご連絡いただければ営業時間外、休業日でも対応いたします。お気軽にお問い合わせください。

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

03-5901-9035

ビザ(在留資格)の内容について

ビザ(在留資格)とは

外国人が日本に在留する間、一定の活動をおこなうことができること、一定の身分又は地位を有する者としての活動を行うことができることを示す、入管法上の法的資格になります。外国人はこの法的資格に基づいて日本に在留し、日本で活動することができます。
在留資格の種類は、27種類あります。
なお、日本では、専門的な技術・技能・知識を生かした職業に従事する外国人については、積極的に受け入れ、一方いわゆる単純労働者の入国は認めないこととしていますので、在留資格も、就労活動ができる在留資格と原則として終了が認められない在留資格があります。
在留資格は、一人につき1種類のみ取得できるため、例えば家族滞在と留学の資格を併せ持つことはできません。

ビザ(在留資格)を取得できる対象者

・3か月以下の在留期間が決定された者
・外交又は公用の在留資格が決定された人
・上記の外国人に準じるものとして法務省令で定める人
・短期滞在の在留資格が決定された人 
・特別永住者
・在留資格を有しない人

※観光目的で日本に短期滞在するもの、歌手等の芸能活動目的で入国する「興行」の在留資格で、「3月」以下の在留期間が決定されたものは、対象になりません。

ビザ(在留資格)の変更

在留資格を有する外国人が、在留目的を変更して別の在留資格に該当する活動を行う場合、法務大臣に対して在留資格の変更許可申請をすることができます。
例えば、
・日本の大学で勉強している(留学)方が、卒業後に就職(人文知識・国際業務)する。
・就職しているが、自分自身で会社を設立する場合などです。

ビザ(在留資格)の更新

原則、付与された在留期間に限り日本に在留することができます。しかしながら、入管法では法務大臣が日本に在留する外国人の在留を引き続き認めることが適当と判断した場合には、在留期間を更新してその在留の継続が可能となる手続きを定めています。

申請者:外国人本人、16歳未満の外国人は父母が代理人として申請ができます。

在留カード有効期限の最終日までに更新申請をすることで、
・期間満了日までに処分(更新の可否の結果)がされる日又は
・従前の在留期間の満了日から2か月を経過する日のいずれか早い日まで
引き続き日本に在留することができることになりました(特例に関わる措置)

特に、在留期間が満了する旨の連絡があるわけではないので、期間の経過に十分注意してください。

観光などで査証免除措置により入国した外国人が、定められた期間を超えて滞在(日本が楽しいのでもっと長く滞在したい!)するために更新することは原則できません。(国籍やその他の事情により例外があります。別途ご連絡くださいましたら、回答いたします。)

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-5901-9035

営業時間:9時~18時  休業日:土曜・日曜・祝日
※あらかじめご連絡いただければ営業時間外でも、対応いたします。お気軽にお問い合わせください。