〒116-0001 東京都荒川区町屋4丁目31番1号

営業時間:9時~18時
休業日:土・日・祭日

※あらかじめ、ご連絡いただければ営業時間外、休業日でも対応いたします。お気軽にお問い合わせください。

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

03-5901-9035

定款をイメージで考えてみましょう。

定款をイメージで考えてみましょう。

定款とは。

会社の骨組みとルールです。

会社設立のスタートラインを定款という決まり事で、考えます。(作成する人は、発起人です)
会社の名前(商号)、本社はどこにするのか(本店所在地)どんなことをやって行くのか(目的)や会社を運営するためのルールを決定します。

どのような会社を作りたいのか、じっくりとイメージを作りながら考えてください。

主要の内容を説明します。
事業内容(目的)によりましては、許認可があらかじめ必要になることもありますので、ご注意ください。

◆商号

会社の名前です。
例:株式会社あいうえお商事(現在、あらたに有限会社を設立することはできません)

◆目的

どんなことで儲けようか、表示します。
例:旅行代理店業

 

◆本店の所在地

本店所在地を記載します。
例:当会社は、本店を東京都荒川区に置く。
(より具体的な番地を定款で定めても構いませんが、引越しする際に定款変更が必要になります。市区町村の範囲で決められても問題はありません)

◆公告をする方法

株主や債権者などに、公告をしなければならないことを、会社法で規定されています。
決算報告・基準日・資本金を変更・株式の内容を変更・合併するなど特に重要なことを公告しなければなりません。
方法として、下記の3種類あります。(会社法939条1項)
1.官報
2.日刊新聞紙
3.電子公告

(定款に規定がない場合は、官報によります(会社法939条4項)

◆株式について

特に重要なことは、
1.発行可能株式の総数(どれだけ、株式の数を増やすことができるのか)
2.株式の譲渡制限(株式を譲渡する場合に、誰かの承諾を得なければならない規定。この規定が無ければ、自由に譲渡できますが、一方では見知らぬ人が株主になることができるため、会社運営に影響が出てくる場合があります)
3.相続人等に対する売渡請求(株主に相続が発生した場合、株式を被相続人に承継させたくない場合の規定)
4.他、手数料、基準日、株主名簿への記載などあります。

 

◆株主総会の規定

召集時期、召集権者、招集通知の方法、決議についてなど定めます。

◆取締役、代表取締役及び取締役会についての規定

会社を経営する、取締役・代表取締役についての規定です。
1.取締役の員数
2.取締役の選任、選任決議について
3.取締役の任期
4.代表取締役の員数、選任方法
5.取締役会設置会社においての運営規定
などです。

他、会社の機関として、監査役・会計参与・会計監査人等を選任する場合、規定が必要になります。

◆計算

事業年度、剰余金の配当等についての規定です。

◆附則

一時的な規定や、設立時の規定などを規定します。
例:設立に際して出資される財産の最低額及び成立後の資本金の額

◆その他

定款既定の主要な部分の説明をさせていただきました。
会社法では、細かい規定が多くあります。ご不明な点がありましたら、ご相談ください。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-5901-9035

営業時間:9時~18時  休業日:土曜・日曜・祝日
※あらかじめご連絡いただければ営業時間外でも、対応いたします。お気軽にお問い合わせください。